FC2ブログ

巡る季節の中で・・・[ポタリングブログ]

  : 

山陰 鳥取・大山・島根のポタリングコースの紹介や、めぐる四季折々の景色(大山大好き!)の写真を掲載しています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

道の駅「広瀬・富田城」 ~蹄の滝ポタ 

前回のつづき・・・

今回のポタはいつもの企画と違い
ポタ&滝見つきの特別企画で
道の駅「広瀬・富田城」 ~蹄の滝へのポタです。
三脚でもかついで走るつもりでいたが
運搬担当として山陰写進化狂会の怪長も参加され
初のコラボ企画となった。

集まる面々をよく把握していなかったが
いつものメンバーに久々のこまつさん
今回初の顔合わせの尚さんsugarさんの7人です。
蹄の滝まで7kmほどでかなりゆるゆるなポタでした。


道の駅「広瀬・富田城」 ~蹄の滝ポタ



道の駅「広瀬・富田城」 ~蹄の滝ポタ

途中、尚さんの自転車の空気が抜けるトラブルも
ありましたが無事、滝まで到着!
滝見とお弁当とまるでピクニック気分で楽しかったです。

道の駅「広瀬・富田城」 ~蹄の滝ポタ



道の駅「広瀬・富田城」 ~蹄の滝ポタ

今回、滝見での珈琲をはじめていただいた
やはり滝を見ながらの一杯は
格別なものがあります。

道の駅「広瀬・富田城」 ~蹄の滝ポタ



道の駅「広瀬・富田城」 ~蹄の滝ポタ


蹄の滝



蹄の滝

タグ: CANON  EOS  Kiss  TAMRON  蹄の滝 

道の駅「広瀬・富田城」  

滝ネタがもうひとつ残っているが
旬なネタを先にアップします。

先日、山陰ポタリング倶楽部の走行会があった。
予定があり参加する予定ではなかったが
急遽、変更して行くことにした。
1時間早く待ち合わせの道の駅「広瀬・富田城」 へ到着し
ちょっと散策してみた。

まだ紅葉の見頃には早いようだが
ところどころで色づき始めている

道の駅「広瀬・富田城」



道の駅「広瀬・富田城」



道の駅「広瀬・富田城」



道の駅「広瀬・富田城」



道の駅「広瀬・富田城」
タグ: CANON  EOS  Kiss  TAMRON  道の駅「広瀬・富田城」  紅葉 
●Photo  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top

「八重滝」島根県雲南市掛合町 

雲見の滝を後にし、54号線へと戻る
道順からすると龍頭ヶ滝(りゅうずがたき)へ向かうのが
順序だが今回、3本の滝巡りということで
もしかしたら3本目は遅くなって見れない可能性もあったり
最悪、疲れて断念する可能性さえありそうなので
日本の滝百選に選定されている「龍頭八重滝」のほうを
優先することにした。
※注)後で知りましたが八重滝と竜頭ヶ滝と合わせ滝百選のようです。

54号線より看板を目印に左折すると
すぐに滝らしき物を発見し車を止めて降り立った
駐車場手前なのにこの滝?も「八重滝」のひとつらしく
「猿飛滝」の看板があった。


「猿飛滝」「八重滝」雲南市掛合町入間



「猿飛滝」「八重滝」雲南市掛合町入間



「猿飛滝」「八重滝」雲南市掛合町入間



「猿飛滝」「八重滝」雲南市掛合町入間

駐車場には車が8台くらいあったでしょうか
公園とうこともあって遊歩道が綺麗に整備されて
家族ずれやカップルなど結構な数の人が訪れていた。


「猿飛滝」「八重滝」雲南市掛合町入間


上流より、八汐・八塩滝(やしおだき)、姫滝、姥滝(うばだき)、
河鹿滝(かじかだき)、紅葉滝、滝尻滝(たきじりだき)、猿飛滝と
合計8瀑があり八重滝と呼ばれるらしい。
八塩滝まで1,100m?一瞬尻込みしそうになったが
歩いて行く内にどんどんテンションが上がり始めた
それもすぐ脇には綺麗な渓流が流れ
実に見事な自然の造形美なる撮影ポイントが
山ほどあるではないですか・・・


「猿飛滝」「八重滝」雲南市掛合町入間

最初に見えて来たのは、滝尻滝(たきじりだき)
勢いよく水量もあるのですが
三脚をゆっくり立てて撮影する場所もなく
しかたなく手持ちで撮影・・・

「猿飛滝」「八重滝」雲南市掛合町入間

次から次へ展開される自然の造形美に
圧倒され感動しっぱなしです。

「八重滝」雲南市掛合町入間


こちらが紅葉滝、落ち葉が落ちて
コントラストが綺麗です。

「八重滝」雲南市掛合町入間

いつもより多く回っております(笑)

「八重滝」雲南市掛合町入間


これがメインの八汐・八塩滝(やしおだき)です。
連なっているので一つの滝かと思ったら
上段と下段で別々の名前がついているんですね。


「八重滝」雲南市掛合町入間



「八重滝」雲南市掛合町入間



「八重滝」雲南市掛合町入間

広大な公園内に8つの滝があり綺麗な渓流もあり
本来ならばパート2へ引っ張るところですが
次があるのでこれで「龍頭八重滝」は終わりにしておきます。

「八重滝」雲南市掛合町入間

この時点で1,500mは歩いたでしょうか
結構疲れましたが、8つも滝を見れて
とても満足な気分です。
時間はまだ2時前で余裕があります。
最後の滝へ向かうことにします。

■デジタル一眼レフカメラ/
 
CANON EOS Kiss X2
 
TAMRON SP AF 90mm F/2.8 Di MACRO
 
TAMRON SP AF 17-50mm F2.8 XR Di ?


タグ: CANON  EOS  Kiss  TAMRON「八重滝」島根県雲南市掛合町入間 
●渓流-滝  /  tb: 0  /  cm: 6  /  △top

「雲見の滝」島根県雲南市三刀屋 

以前から見たかったがちょっと遠すぎるので
なかなか行くチャンスがなかった念願の
島根県雲南市三刀屋の「雲見の滝」へ行くことにした。
今回はせっかく遠出するので他の「八重滝」と「龍頭ヶ滝」へも
行く予定なので早めに朝8:30に家を出発した。
山陰道を出雲方面へ宍道JCTにて
松江道へ・・・現在の終点三刀屋ICで降り
国道54号線を南下していくと看板があり左折し山中へ入っていく
途中、わかりずらい箇所もあったが
適当に感で走って行くとなんとかたどりつけた。


「雲見の滝」島根県雲南市三刀屋

雄滝は多少奥まったところにある
想像していたものよりずいぶん荒々しく大きな滝だ
下の方の岩の跳ね返りもおもしろい。
滝の真下に撮影できる場所があるが
たどり着くには渓流を飛ぶしかない
急いで出来かけたので長靴を忘れたが
三脚を杖代わりにして渡ることができた(^_^;)

「雲見の滝」島根県雲南市三刀屋



「雲見の滝」島根県雲南市三刀屋



「雲見の滝」島根県雲南市三刀屋



「雲見の滝」島根県雲南市三刀屋


手前には雌滝があるが三脚を立てるにはいまいち
いいポジションがない。
渓流に入れば前からも納めることが出来そうだが
斜めからのカットだけで断念した。


「雲見の滝」島根県雲南市三刀屋

立久恵峡のような削ぎたった岩壁も美しい
もう少し時期が遅ければ紅葉もさぞ綺麗だろう。

「雲見の滝」島根県雲南市三刀屋

念願の「雲見の滝」を拝めて満足し
次の滝へと向かうことにした。


■デジタル一眼レフカメラ/
 
CANON EOS Kiss X2
 
TAMRON SP AF 17-50mm F2.8 XR Di ?
タグ: CANON  Kiss  EOS  TAMRON  「雲見の滝」島根県雲南市三刀屋 
●渓流-滝  /  tb: 0  /  cm: 6  /  △top

大山~鍵掛峠~江府 

みるくの里を後にし、鍵掛け峠へ向かった
大山の南壁を背後に感じながら走る・・・
駐車場へ着き車から降り立ち見上げると
澄み渡った南壁がそそり立つ、そのスケール感には
何度見ても圧倒される。


大山~鍵掛峠~江府



大山~鍵掛峠~江府



大山~鍵掛峠~江府

続いて御机に向かった眺めがいいので
他にもカメラマン数人の姿があった。

大山~鍵掛峠~江府



大山~鍵掛峠~江府

takesanさんが蒜山の走行会の時に撮られていた
南壁の田園風景を思い出した。
位置関係を創造しながら江府へと下って行った。
しばらくして右方向が開け田園風景
もしやと思い、車を止めて引き返した。
記憶が定かではないがこのあたりだったような・・・


大山~鍵掛峠~江府



大山~鍵掛峠~江府


大山と花シリーズを四季を通じて撮る予定だったが
彼岸花は残念ながら納めることができなかった
そんなことをふと思い出し、地元に帰り
急いで仁王堂公園へ出かけてみたが
やはり台風の影響でコスモスも見頃を越えていたが
いちおう撮っておこう。


大山 コスモス



■デジタル一眼レフカメラ/
 
CANON EOS Kiss X2
 
TAMRON AF 18-270 mm F3.5-6.3 Di II VC
タグ: CANON  EOS  Kiss  TAMRON  大山  鍵掛峠  御机  田園風景 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。