巡る季節の中で・・・[ポタリングブログ]

  : 

山陰 鳥取・大山・島根のポタリングコースの紹介や、めぐる四季折々の景色(大山大好き!)の写真を掲載しています。

西伯郡大山町大山~圓流院(えんりゅういん) 

最近の妖怪ブームで話題になっている
大山町の圓流院へ行ってみた。
大山寺から桝水までの道路は数え切れないほど
走っているが、その道からの入り口は
まったく知らなかったが
看板もわかりやすく案内してあった。

D-clubより抜粋ーーーーーーーーーーーーーーー
大山寺の支院のひとつで、江戸時代初期の創建。
大山夏山登山道の近くにあり、江戸時代後期の有名な画僧 嗒然(とうぜん)が
住職を務めた僧坊として知られています。
築後200年以上が経過し、老朽化のため解体、再建され平成21年8月4日に落慶法要が営まれました。

立て替えに併せて本尊も修復し、元の建物の材木を再利用して設けられた仏間に安置。
一室の天井には、境港市出身の漫画家 水木しげるさんの妖怪108体の絵がはめ込まれています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


西伯郡大山町大山~圓流院(えんりゅういん)
◎CANON EOS 7D+TAMRON SP AF 17-50mm F2.8 XR Di II


西伯郡大山町大山~圓流院(えんりゅういん)
◎CANON EOS 7D+TAMRON SP AF 17-50mm F2.8 XR Di II


絵は全部で110枚で「阿弥陀浄土」「補陀落浄土」の絵が2枚で妖怪が108枚
大晦日の除夜の鐘は煩悩の数、108つ打たれる物と関係があるようです。
絵が見やすいようにあお向けに寝そべって僧侶さんの
説明が聞けてとても勉強になります。


水木しげる
◎CANON EOS 7D+TAMRON SP AF 17-50mm F2.8 XR Di II


ありがたいお話を聞いた後
すぐ近くにある大山寺阿弥陀堂(だいせんじあみだどう)
へも行って見た。
結構、長い石段が続きます。


大山寺阿弥陀堂(だいせんじあみだどう)
◎CANON EOS 7D+TAMRON SP AF 17-50mm F2.8 XR Di II


大山寺阿弥陀堂(だいせんじあみだどう)
◎CANON EOS 7D+TAMRON SP AF 17-50mm F2.8 XR Di II


IMG_4710_20100420140257.jpg
◎CANON EOS 7D+TAMRON SP AF 17-50mm F2.8 XR Di II


大山寺に現存する寺院の中では最古の建築物だそうです。
平安初期に創建、藤原期に建立され、亨禄2年(1529年)に山津波で倒壊。
その後天文21年(1552年)、現在の場所に再建されたといわれる室町末期の建造物です。


大山寺阿弥陀堂(だいせんじあみだどう)
◎CANON EOS 7D+TAMRON SP AF 17-50mm F2.8 XR Di II


IMG_4712.jpg
◎CANON EOS 7D+TAMRON SP AF 17-50mm F2.8 XR Di II



スポンサーサイト
タグ: CANON  EOS  7D  大山  TAMRON  水木しげる 
●Photo  /  tb: 0  /  cm: 14  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

この寺も気になっていたところです。
たしか、大晦日にテレビニュースで見たと思います。
妖怪の絵が108枚も天井に張り付けてあるのですね。
なるほど、煩悩の数だけあるのか。
しかし、仰向けに寝そべって僧侶の説明を聞いていたら、
私だったら眠ってしまいます(笑)

URL | ヲアニー #0iyVDi8M

2010/04/24 17:51 * 編集 *

お寺巡りのイベントでしょうか?
大勢いらっしゃいますね。
撮影だけなら一人がいいですが、
こういうイベントがあると普段見れない所を見ることが出来たり、
説教を聴くことが出来たりと、いいことがありますよね^^。
いいお寺ですね~。

URL | クラウン・ベリー #-

2010/04/24 21:44 * 編集 *

私もニュースで聞いたことがありますが
現物は見た事がありませんでした

寝そべって僧侶さんの話を聞けるのですね^^

これは個人で行っても僧侶さんが相手をしてくれるのですか?

URL | いつか見た風景 #mQop/nM.

2010/04/24 22:04 * 編集 *

こんばんは!
寝そべってお話が聞けるって何だか新鮮!
座っていたり、立っていることが多いですもんね、そういう時って。
天井にこんな沢山あって説明聞いてたら首がおかしくなりそうですから、助かりますね(^○^)

URL | BOBO #-

2010/04/25 01:26 * 編集 *

ここテレビで見ました。 寝っ転がって天井の妖怪を見るのですよね。
ゲゲゲの女房も始まって、人出も増えてるのでしょうねぇ。 大山寺へは
もう数十年行ってません、写真を見て懐かしく且つまた行きたいなあと思っています。

URL | tak+ #-

2010/04/25 10:02 * 編集 *

行って見られたんですね~
先日自転車で上がった時に看板が目に付いて、
ああ、ここなのね、と思っていたところです。
人が多いですね!
これから大山も新緑の季節だし、
山開きもあるから、益々観光客が増えるでしょうねぇ。

URL | nasuka #-

2010/04/25 11:00 * 編集 *

えっと、敬老会の行事で行かれたんでしたっけ?(爆)
あ、画像の人たちはご一行さんではない?失礼しました(爆)
ここは私も行きたいと思っていたんですが、なかなか足が向きませんで(^^ゞ
それにしても初めて行かれたのがぽん太さんとは意外でしたね。
takesanさんあたりが一番乗りするかと思ってました(笑)
さすがの17ミリでも天井は収まり切りませんね。
ここは怪長張りにパノラマにして欲しかったなあ(笑)

URL | まっちゃん #/aF5ZJNE

2010/04/25 22:59 * 編集 *

ヲアニーさん

> なるほど、煩悩の数だけあるのか。

へぇ~とか思って聴いてましたが
煩悩って何?ってレベルですね(^_^;)

> しかし、仰向けに寝そべって僧侶の説明を聞いていたら、
> 私だったら眠ってしまいます(笑)

ちょうど写真撮るのに仰向けの方が撮りやすいんですよね(笑)
途中で観光のおばちゃんたちが大勢押しかけて
大騒ぎでした(爆)

URL | ぽん太 #-

2010/04/26 08:32 * 編集 *

クラウン・ベリーさん

> 大勢いらっしゃいますね。
観光客と一緒になってしまって
なんかすごい大騒ぎでした(笑)
でも話し方聞いていたら東伯弁でしたね

> 撮影だけなら一人がいいですが、
たしかに、家族と行くと写真撮る余裕がありません(笑)
最低限のカットしか撮れないですね

> 説教を聴くことが出来たりと、いいことがありますよね^^。
天井だけ撮って帰ろうかと思っていたんですが
いろんな話が聞けてよかったですね
話を聞くためにも行く価値があるかもしれません。

URL | ぽん太 #-

2010/04/26 08:37 * 編集 *

いつか見た風景さん

最初は最近の水木しげるブームにのっとった
あまりいいイメージがなかったのですが
話を聞いていてなるほど~って感じでした。

> 寝そべって僧侶さんの話を聞けるのですね^^
なんか罰当たりそうですが
心地よかったです(笑)

> これは個人で行っても僧侶さんが相手をしてくれるのですか?
休日とかは常に交代でおられるようですね
平日はどうなんでしょう。

URL | ぽん太 #-

2010/04/26 08:41 * 編集 *

BOBOさん

なんか罰当たりそうですが
仰向けで絵を見ながら聞いていると
不思議な気分になります。
写真撮るのも楽でいいですし助かります(笑)

URL | ぽん太 #-

2010/04/26 08:44 * 編集 *

tak+さん

たしかにゲゲゲの女房も始まって
山陰両県は水木しげるブームですね(笑)
地元にいながら、ここや大山寺阿弥陀堂へ
初めて行くことができました。
夏山開きのころもいろいろ祭りとかあるみたいですね

URL | ぽん太 #-

2010/04/26 08:48 * 編集 *

nasukaさん

この日は天気が悪くても結構人がいたので
天気の良い新緑の季節には賑わいそうですね
登山客の方もリュック背負って訪れていましたね

URL | ぽん太 #-

2010/04/26 08:49 * 編集 *

まっちゃんさん

> えっと、敬老会の行事で行かれたんでしたっけ?(爆)
ああ~っ敬老会ね、そうかも知れないですね(笑)

> それにしても初めて行かれたのがぽん太さんとは意外でしたね。
たしかに1人だとおそらく行かないも・・
最近かみさんが神社・仏閣に目覚めまして
共通の趣味になればと(^_^;)

> さすがの17ミリでも天井は収まり切りませんね。
そうですね~距離が限定されるので無理でしたね
見えないところは是非、現地へ出向いて見て下さい!

URL | ぽん太 #-

2010/04/26 08:53 * 編集 *

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://potaponta.blog94.fc2.com/tb.php/357-a7a3feab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top